解体工事・内装工事・リフォームについての説明

解体工事や内装工事、リフォームをする前に知っておきたい情報

Latest Posts

解体工事業者の選び方

リフォーム計画

古くなってしまった建屋を取り壊して、更地にするために必要なのが解体工事です。解体工事を行う専門業者がありますが、ハウスメーカーなどで依頼すれば手配をしてくれます。ご自身で手配をする際に注意しなければならないのは、免許の有無や瓦礫の処分方法などです。
リサイクル法に基づき瓦礫の処分を行わなければならないので、工事で発生した廃棄物をどのように処理するのかを知っておく必要があります。

また、工事前の近隣への挨拶を一緒に行ってくれるかなどのサービス面も着目すべき点です。

内装工事の注意点
住宅を建てる際にはまず家の外側から工事を行います。窓や屋根がついて、外気が室内に入らないようになってから内装工事を行います。ご自身で注文住宅などを依頼した場合には、内装工事に取り掛かる前に断熱材の有無や床下の土台の部分がどのようになっているかを確認してください。
内装工事を行ってからでは確認をすることができませんので、手抜き工事を見逃さない為にも重要な過程になります。

また、予算を抑えたい場合には壁紙などの内装工事を自分で行えば料金を下げることも可能です。

リフォームを行うタイミング
長年住み慣れた家に不具合が生じた場合には、リフォームが必要な時と言えます。雨漏りや床の傾きなど、生活に支障が出るような場合には早急な工事が必要となります。部分的にリフォームを行うこともできますが、一度に気になる個所を全て工事する事で予算を抑えることが可能です。

外壁工事などは足場を組む必要があるので、そのお金だけでも高額になります。足場を組んだ際に行うことができる工事は一緒にしてもらうことで不要な出費を避けることができます。

リフォームのメリット
リフォームのメリットは建て替えに比べて費用が安くすむということです。また愛着のある住宅に住み続けることができるというのも、リフォームの特徴です。リフォームを成功させるためには、家族全員がプランの立案に加わることです。家族の誰か1人でも不満を持つようでは、成功とはいえません。家族全員が納得するプラン作りが大切になります。

プランが完成したらリフォーム業者に見積もりを出してもらうのですが、複数の業者に依頼するのが基本です。

プラン作りと見積もりの重要性
見積もりの依頼を受けた業者は、プランを元に現場の確認をします。工事費を計算するためには、実際に現場を見て検討する必要があるのです。この時点で対応の悪い業者は候補から外すべきです。業者によってはプランの変更を打診してきますが、納得できない場合は受け入れる必要はありません。利益を増やすために工事を節約する業者がいるので、注意が必要です。

調査によって床下が腐っていたり、シロアリの被害が見つかるケースもあります。そのような時のために、予算にゆとりを持たせておくと安心です。

洋室仕上げの工事

内装工事

リフォームとは居住中の住宅の改装、特に内外装の工事のことを言います。
住宅リフォームには外装工事であれば、雨漏りの修繕や外装のやりかえ、内装工事であれば住宅設備の取替、てすりの設置や今の住宅の間取りを変えることがあります。

例えば、住宅の間取りを変える場合、和室から洋室に変えることは容易です。
洋室においては、柱のような木材を出す必要がないので、ベニヤやボードなどを張り、クロスで仕上げてしまします。
壁をクロス張りにする場合でしたら、解体工事もほとんどいらないです。

ユニットバス工事
住宅設備の取替について、風呂場のやりかえというリフォームがあります。
現在のお風呂というと、ユニットバスが主流で、中の浴槽などを組み立て、箱型の空間の組み立てたものを言います。

昔はブロックや木で壁を作り、そこにタイルを張り、浴槽を据えるという手作りタイプでした。
昔のタイプで作られたお風呂を新たに変えたり、部屋を壊して新たにユニットバスを据える場合があると思います。
ユニットバスは寸法が決まっているので、その寸法に合すために、解体工事をする場合があります。

解体工事について
解体工事については、家やビルなどを壊す工事のことを言います。

まず工事を行う近隣住民にご理解とご協力をお願いしに回ります。
そして、建物の周りに足場を組み、養生シートを設置します。
上部から解体していくのですが、建物の立て方に木造や鉄筋など、さまざまな建物があると思います。
それによって重機を使い分けます。
土間や基礎を取り壊し、既存の地中埋没配管設備も取り除きます。
工事完了後、近隣住民にあいさつに回ります。ここまでが解体工事の中に含まれます。